中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー



小売・流通現場 [ 2017年3月24日 ]

河北省の省都・石家庄のコンビニ事情
実店舗の配達員がラストワンマイルを解決する「36524」
中国チェーン経営協会がまとめた「2016年中国都市別コンビニ発展指数」の中で、全国36主要都市の中で第7位にランクインした河北省の省都・石家庄。人口1076万人(15年末時点)を擁し、15年のGDPは5440.6億元で全国第30位。小売流通現場では、地元の「北国超市(スーパー)」が圧倒的な支持を得て

 

小売・流通現場 [ 2017年3月23日 ]

「西湖」で有名な浙江省・杭州のコンビニ事情
多種多様なサービスとデリカ類の充実により成長著しい「快客」
杭州のコンビニ市場は、国内資本(内資)と外資がそれぞれ約半数を占める。内資では、上海農工商集団の「可的(KEDI)」、聯華傘下の「快客(QUIK)」、食品メーカー祐康傘下の「祐驛站(YOUEASY)」の3社が出店数100店前後と多く、華潤万家傘下の「Vango」が約60店で続く。浙江地元資本の「十足(C&U)」も11年末の初出店以来、順調に店舗数を拡大している......

 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年3月22日 ]

管理厳格化で市場拡大のチャンスも
「315晩会」で日本食品が標的に?
3月15日の世界消費者権利デーに合わせ、中国の国営中央テレビ(CCTV)で放映された特別番組「315晩会」で、日本食品の産地表示が問題視されました。福島原発事故により放射能汚染の懸念がある福島、栃木、群馬、茨城、千葉、新潟、長野、埼玉、東京の10都県産の食品は中国では輸入禁止されています。そうした禁止地区産の食品が中国に輸入販売されているという指摘でした。……

 

トレンドウオッチ [ 2017年3月21日 ]

中国医療環境の現状から考える「健康関連産業」の発展潜在力とチャンス (13)
健康意識の向上が健康産業全体の多元的発展を後押し
スポーツが中国でもブームとなるにつれ、小売業界にも新たな流れが起きつつある。多くのショッピングモールがスポーツ関連施設をオープンさせ、スポーツとレジャーの一体化を目指し始めている。あちこちで見られるアイススケートリンクやスポーツジム、 ヨガスタジオだけではない。馬術、実弾射撃、ダイビング、スキー、ゴーカート、飛行体験、ロッククライミング、ゴルフ、ストリートダンスなど意表を突いたスポーツ施設も各地のショッピングモール内にお目見えしている......

 

トレンドウオッチ [ 2017年3月20日 ]

中国医療環境の現状から考える「健康関連産業」の発展潜在力とチャンス (12)
無視できない「コミュニティ」需要、スポーツアプリが大人気
中国人のスポーツやランニングの動機は、「心理的な治療効果」やソーシャルネットワーキングなどの精神的ニーズも大きな割合を占めている。「ランニングでより健康になれる」、「ランニングで志を同じくする仕事上のパートナーにも出会える」、「ランニングをすることで自分に自信がつく」、「ランニングを通じてソーシャルネットワークの達人になれる」といったニーズや信念が、ランニングを始めるきっかけとなっている人も少なくない。社交的ニーズからスタートし、志を同じくするもの同士で結成されたランニング愛好会も数多い......