中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー



トレンドウオッチ [ 2017年2月20日 ]

2016年中国消費トレンド番付 (3)
小結にはシェアビジネスの代表格が、前頭には「コト」消費がオンパレードに
小結は東がシェア自転車の「mobike(摩拝単車)」、西は「配車アプリ」とした。16年の春頃から上海の街角に突如として現れたオレンジ色のマウンテンバイク。夏頃には至るところで目撃するようになり、秋には週末の余暇(レジャー)としてサイクリングに利用している姿も目立つようになった。mobikeはスマホを介して附近の空き自転車を探し、自転車に搭載されたQRコードを読み込んで解錠するというシステム......

 

トレンドウオッチ [ 2017年2月17日 ]

2016年中国消費トレンド番付 (2)
大関にはスマホ経済圏形成の立役者に、関脇には16年に最も流行ったトレンドを
16年は全体的に「スマホ」が主役だったといえるだろう。都市部を中心にアップルのアイフォン人気は根強く存在するが、華為(ファウェイ)や小米(シャオミ)のほかoppoやvivoなどの国産スマオの躍進は、中国でのスマホ経済圏の普及と拡大の立役者という意味合いにおいても、特筆すべきだろう。その「国産スマホ」を西の大関に番付した...

 

トレンドウオッチ [ 2017年2月16日 ]

2016年中国消費トレンド番付 (1)
横綱はネット通販の大型キャンペーン「双11」と「京東618」
まず栄えある横綱として選んだのが、東「双11」、西「京東618」だ。特に「双11」は、昨年、一昨年ともに日本をはじめ世界中でも注目され、別に16年の目新しいトピックというわけではない。 が、16年の取引実績も単日で1207億元(約2兆円)と驚異的な数字。話題性としての新鮮さはないとしても、やはり中国消費や世界に与えた影響力やインパクトさを考えると、横綱として選出せざるをえなかった......

 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年2月15日 ]

【第257回】 シェアライドで最新EVを「お呼び寄せ」
上海でテスラ初体験!
上海でシェアライドでテスラに乗った際、ドライバーに気になる充電事情について聞きました。充電は快速と一般の2種類。一般タイプは、テスラ車を購入すれば自宅に無料で設置してくれるとのことですが、フルチャージには7〜8時間要します。快速タイプは1時間(今年30分にグレードアップするらしい)で済むものの、設備の設置に30万元程度必要になるそうです。……

 

小売・流通現場 [ 2017年2月14日 ]

異国情緒あふれるアウトレットの“新騎手”「天津佛羅倫薩小鎮(フィオレンティア・ヴィレッジ)」(3)
土地柄に合わせたマーケティング
マーケティングの面も軽視していない。候補地の選択には厳格なルールが存在し、都市郊外で、かつ交通アクセスの良いことが絶対条件だ。同時に専門のコンサルティング会社を招いて各地区の人口密度や消費水準などについて総合的評価を行い、立地の最終的な決定を下している。また、中国消費者の消費習慣に合致したカスタマイズサービスも提供。例えば、会員制やVIPルームなどだ。消費金額の大きいゴールドカードメンバーは、VIPルームで無料の軽食や飲み物を楽しむことができ、子供向けのエンタテイメントも用意......