中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年3月26日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(10)
実践的なスタッフ教育、TPOに応じた接客も
スタッフ教育については、人材の流動性が高いため、商品及びトレンドの知識、接客礼儀、セールストーク等のトレーニングを2~3カ月ごとに実施している。しかし、単にトレーニングだけではサービスレベル向上の成果が乏しいようで、サービス意識を根付かせるためにミステリーショッパー(覆面調査)などを行って接客などの各項目を査定し、それを各スタッフの人事考査の根拠にも利用している。……
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年3月21日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(9)
広告戦略は屋外看板や雑誌向けが中心
顧客へのアプローチ方法については、ブルガリ、セリーヌ両社ともに広告をメインにブランドと商品力をアピールすることに主眼を置いている。奢侈品ブランドの顧客は通常、好みのブランドに絞られ、商業施設への来店客のほとんどがある程度どのブランドを購入するか具体的な目的を持っているか、単にウィンドウショッピングを楽しむ客層になるであろう。この意味においては、ブランドイメージを効率よく伝えられる屋外広告が最も効率的なようだ。……
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年3月19日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(8)
代理店とブランドのWin-Win関係
ブルガリの張氏は、進出間もない著名度の低いブランドは代理店方式の方にメリットがあると主張する。その理由として、代理店がローカルの市場、売り場、顧客層を熟知している強みがあることを挙げる。ブランドと実績が育った段階で販売権を返還してもらう戦略のほうがより効率的という判断だ。……
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年3月12日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(7)
ブランドで待遇も違う?中国式テナント交渉
ブランド企業はテナント主とどのように交渉しているのだろうか。ブルガリの張氏によると、2007年を境にテナントの貸主と借主の立場はほぼ平等になってきたという。その背景には、各商業施設のポジショニングがより明確化され、リーシングスタッフの経験値がアップし、またブランド間の競争が激化していることがある。……
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年3月5日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(6)
進出地選定時は他ブランドの出店状況も考慮
奢侈品ブランド企業は、進出都市や市場の情報をどのように収集し分析しているのだろうか。ルイ・ヴィトンは、進出ターゲット先の都市及び店舗は少なくとも25回訪問するという。異なる季節及び時間に訪問し、当地の気候、文化、マーケット、建築、交通、提携パートナーなど各方面から多角的に考察する。その徹底さは業界内でも有名で、他の企業も同社の進出先を参考にするほどだ。
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年2月26日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(5)
地域で異なる売れ筋商品、臨機応変な対応も
セリーヌのレインコートは、瀋陽は赤色タイプが、上海は黒色が売れ筋ということだ。イブニングドレスは、北京では売れ行き好調だが、成都や杭州では不調という。また、瀋陽では腕時計、西安では男性向け商品といったように、それぞれの売れ行きに応じて商品ラインアップを充実させている。内陸都市では、大きめの目立つロゴで、すぐブランドか識別できる商品が好まれる傾向にある。……
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年2月19日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(4)
2000年代に進出加速、高級ブランド店
ブルガリは2003年に中国進出を果たし、現在は直営店舗が20店、フランチャイズ店舗が6店、時計代理店が8店という体制だ。年間売上高は、上海恒隆広場店が約1億元(約13億円)、北京新光天地店が約6000万~7000万元(約7億8000万~9億1000万円)。その他の店舗は月間平均で約300万元(約4200万円)を売り上げるという。……
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年1月31日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(3)
若い世代が奢侈品消費者の中心に
中国の奢侈品消費者は2010年時点で2億5000万人と推定されている。その特徴は年齢層が比較的低いことで、45歳未満が実に73%を占めている。そのうち18歳から34歳が45%で、日本の37%、英国の28%と比べても若い世代が好んで奢侈品を購入していることがうかがえる。また、上海には総資産1000万元(約1億3000万円)以上の富裕層が13万人いるとされる。……
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年1月29日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(2)
世界のトップブランド、中国での「序列」は?
中国における奢侈品ブランドのポジショニングは、第1グループがルイ・ヴィトン、シャネル、エルメス、グッチ、カルティエ、プラダ、エルメネジルド・ゼニア、クリスチャン・ディオールとなる。続いて、D&G、バーバリー、フェラガモ、セリーヌ、ブルガリなどが第2グループを形成。このほか、ユニクロやH&M、ZARAなどのファストファッションから、韓国、香港、台湾系、さらには中国のローカルブランドが存在する。……
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2013年1月24日 ]

ブルガリとセリーヌを徹底分析!中国奢侈品市場(1)
世界No.1の奢侈品市場に躍り出る中国
中国が世界の奢侈品市場の中心に躍り出ている。奢侈品消費者は2010年時点で2億5000万人と推定され、上海には1000万元(約1億3000万円)以上の資産家が13万人いるとされる。消費者の73%は45歳未満と年齢層が比較的若いことが特徴だ。この巨大かつ潜在性のある市場をめぐり、世界的な著名ブランド各社が中国に進出し、激しい市場競争を繰り広げている。……
※このコンテンツはお試しIDでは閲覧できません。

 

    1 ページ 全 1 ページ (総数: 10)