中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月21日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(15)
連雲港(4)消費水準の向上はこれからに期待
ロッテマート、華潤蘇果、大潤発などの大型スーパーも同商圏に進出している。ロッテマートは09年に時代超級購物中心を買収し、連雲港で業容を拡大中だ。04年にオープンした時代超級購物中心は3店舗を展開しており、市民への浸透度も高かったため、ロッテマートはこれを活用して発展の基盤としている。08年に進出した大潤発は連雲港で最大規模のスーパーだ。オープン以来、同地の小売業において「覇権的」な地位を築いており、市民に最も人気のある商業施設でもある。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月17日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(14)
連雲港(3)ローカル感漂う商業施設
中央国際は、09年までは百貨大楼と名乗っていた老舗百貨店だ。ただ、入居ブランドは若者にターゲットを絞ったものが多く、プロモーション力が高い。ドラッグストアのワトソンズ、アイスクリームのDQ冰淇淋、コーヒーショップの85度Cなど若者に人気のショップが並ぶ。もっとも、九龍百貨も中央国際のいずれも、ブランド、設計、内装などどれを取っても二線級都市の一般的な商業施設と比べることはできず、多少ローカル的な雰囲気を感じるのもまた事実である。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月16日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(13)
連雲港(2)期待が高い蘇寧広場
今、一番ホットな施設と言えば、通灌北路に2014年9月30日にオープンした蘇寧広場だろう。同広場は、無錫、福州、成都に続く4店舗目で、安徽省の莞湖店と同時開業となった。店舗構成は、百貨店形態が60%、飲食が30%、その他が10%といった割合だ。筆者が訪れたのはオープン当日だったが、実に30万人超の買物客が詰め掛け、足の踏み場もないほどの大盛況ぶり。初日の売上高は1500万元を突破し、開業後8日間では8000万元超を売り上げたという。待望の都市型コンプレックスの誕生で、地元市民の期待の高さがうかがえる。

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月14日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(12)
連雲港(1)蘇寧広場オープンで活気付く港湾都市
連雲港は江蘇省の中で最北の都市で、山東省の日照や臨沂と接している。「連雲港」という名前は耳にしたことがない人も多いと思うが、西遊記の主人公である孫悟空の生まれた山「花果山」と聞けばピンと来る人もいるだろう。花果山は連雲港にあり、江蘇省で最高峰を誇る山なのだ。この花果山に加え、海にも面していることから風光明媚な街として知られる連雲港は豊富な観光資源を持っている。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月13日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(11)
塩城(5)存在感が高い金鷹集団
塩城は、商業的雰囲気は必ずしも活発とは言えないものの、市民の消費レベルは比較的高かった。それはスーパーマーケットの販売状況からも一目瞭然だ。台湾系の大潤発、地場系の永輝超市は共に輸入食品売場に大きなスペースを割いている。オリーブオイル、バタークッキーなどに加え、香港・マカオ・台湾製の食品も人気だ。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月10日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(10)
塩城(4)市内最大の宝龍城市広場
塩瀆商圏は建軍路商圏の延長線上にある、中小型の商業施設が中心のエリアだ。マンションと結合したビルも多く、ウォルマート、カルフール、蘇果超市、ロッテマート、永輝超市などの大型スーパーが目立つ。その中の中心的存在は11年にオープンした宝龍城市広場だ。建築面積は46万平方メートルで、塩城最大の商業施設。永輝超市、宝莱百貨、国美電器、横店影城がメインテナントで、残りは小型テナントが入居している。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月9日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(9)
塩城(3)直線距離が最も長い地下街
建軍路商圏は、金鷹国際購物中心がミドル~ハイエンド路線を取っているのを除けば、他の商業施設はミドルエンド、あるいは大衆路線が多い。ただ、13年10月にオープンした建軍路地下商業街は少々趣が異なる。総面積は8万平方メートル、入居店舗数は1000超。中国で直線距離が最も長い地下街である。済南などの比較的早期に建設された地下街に比べると、建軍路のものは広くて明るいイメージがあり、ショッピング環境も良好だ。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月7日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(8)
塩城(2)商業的な雰囲気はまだまだ
塩城の都市部面積は118平方キロメートルで、南京の653平方キロメートル、無錫の497平方キロメートルと比べるとかなり小さい。高層ビルは少なく、街の交通量も多くはなく、商業的な雰囲気はそれほど感じられない。同じ江蘇省の鎮江、揚州、あるいは浙江省の紹興、金華などの三線級都市と比べると、塩城は活力に欠けていると言わざるを得ない。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月6日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(7)
塩城(1)蘇北の中心都市、韓国系が大きな存在感
やや出遅れ感のある蘇北だが、その中で比較的発展が著しい都市は塩城だ。面積は1.7万平方キロメートルと江蘇省で最大。常住人口は726万人で、蘇州、南京、無錫に次ぐ規模だ。省内で最も長い海岸線を持つ都市としても知られ、その名の通り塩の生産で有名。自動車メーカーの東風悦達起亜が同市に拠点を置いている。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2015年7月3日 ]

浙江省と江蘇省の中堅都市の消費動向を探る(6)
金華(3)存在感抜群の福泰隆
さて、金華市の商業を語る際、福泰隆に触れないわけにはいかない。2000年に創業し、スーパー19店、百貨店3店などを展開し、総従業員数が4000人を超える同社は同市の小売業のリーディングカンパニーである。金華のほか、武義、浦江、龍游、永康、義烏などに進出しており、年商は10億元を超える。……

 

    1 ページ 全 2 ページ (総数: 15)