中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年6月1日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (7)
中国スーパー業の今後は? 無店舗の「前置倉庫」が主流に?
オンラインとオフラインを融合させた「新小売」型への業態転換は避けられないのが大きな流れだ。Eコマースは実店舗に大きな打撃をもたらしたと同時に、新たな方向性と変化の流れを生み出したともいえる。「新小売」は全てのスーパーにとって必達の発展目標といえる。業態別でみると、居住エリア隣接型の生鮮食品店や「前置倉庫」モデルが人気を集めている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月29日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (6)
盒馬の成功で急増 「スーパー+飲食」モデル
デジタル化のほかにも、新たな業態を模索するスーパーは多い。アリババ系生鮮スーパーの「盒馬鮮生」が大成功を納めた後、店舗を倉庫として兼用する「新小売」型のネットスーパーと「スーパー+レストラン」のグローサラント業態が高い注目を集め、真似する店も相次いだ......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月28日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (5)
スーパーは宅配がマストに 宅配アプリへの出店でEC化
豊富なトラフィック(アクセス)で優位に立つ3PL(第三者物流)系の宅配プラットフォームに出店し、オンラインで注文を受けて配送を行うシステムは、すでに多くのスーパーにとって欠かすことのできない運営手法となっている。こうしたプラットフォームに出店すれば、アプリから注文した消費者の現在地情報に基づいて、システムが自動的に配送範囲内の店舗を選出......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月26日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (4)
スーパーも「新小売」時代に ネット大手も続々と参入
アリババが2016年に初めて提唱した「新小売(ニューリテール)」のトレンドの下、スーパーはどこもオンラインとオフラインの融合やデジタル化、スマート化に取り組んでいる。同時にネット大手各社もオフラインの販売チャネルの獲得を目論み、スーパー業態への進出が相次いでいる......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月25日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (3)
Eコマースとコンビニが台頭 スーパーも“ミニ”化がトレンド
従来型のスーパーが衰退した最大の理由は、Eコマースの発展だろう。 ECプラットフォーム「天猫(Tモール)」と「京東(JDドットコム)」の統計によると、過去6年間で天猫超市の売上は53倍に拡大。京東超市の売上は2017年以降1,000億元を超え続けている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月22日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (2)
低迷続く大手スーパー 永輝以外はほぼ横ばい
中国チェーン経営協会が公表したチェーン企業ランキングトップ100によれば、2018年のトップ100社の売上の伸びと店舗数はそれぞれ平均7.7%増と9.1%増だった。一方、コンビニランキングトップ100の売上の平均成長率は21.1%増、店舗増加率は18%増と大きく全体を上回っている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月21日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (1)
アプリ注文+宅配が“マスト”の時代に
ここ数年、中国のスーパーマーケットはEコマースやコンビニなどの新興勢力に押され、大幅な業績低下に苦しんでいる。閉店した店舗も少なくない。国有企業をバックグラウンドに持つ聯華超市を例にとると、2015年~18年に閉店した店舗の数は1,945店に上る......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月19日 ]

【業界研究】中国ドリンク業界 (7)
TikTokが生み出す人気商品
中国国内で1日のアクティブユーザー数2.5億人超を誇る「TikTok(抖音)」の影響力も無視できない。ブルーペプシ、ペプシゼロ、コカ・コーラの桜ボトルなどの限定バージョンなどは、TikTokをきっかけに大きな注目を集めた......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月18日 ]

【業界研究】中国ドリンク業界 (6)
雰囲気重視の若い世代
「90後(90年代生まれ)」や「00後(2000年以降生まれ)」世代の若年消費者は、他人と違う個性を追い求める「感性消費」の代表格と言える。彼らは、ドリンク製品を選ぶ際にも面白さや新しさを重視し、味や健康、ブランドなどは二の次だ。農夫山泉の「茶π」や統一の「小茗同学」は、まさに彼ら若い消費者の支持を得て大きな成功を納めたケースだ......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月15日 ]

【業界研究】中国ドリンク業界 (5)
健康がキーワード 無糖茶が急成長
より良いモノを求める「消費昇級(アップグレード)」トレンドの下、中国ドリンク市場の消費者は二極化が進んでいる。1つは健康を重視する理性的な消費者層、もう1つは個性を追求するハイセンスな消費者層だ。健康飲料の需要は拡大を続けている......

 

    1 ページ 全 39 ページ (総数: 386)