中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

トレンドウオッチ [ 2020年1月23日 ]

中国ウィンタースポーツ市場&産業の発展状況 (9)
ウィンタースポーツ授業を推進 スキースクールの成長に期待
2015年、北京市政府は「百万人小中学生オンアイス」を目標に掲げ、17年には52の氷雪特色学校を開校した。これまで延べ14万人の学生が氷上、雪上の運動に参加している。黒竜江省では、省級の体育学校建設におけるウィンタースポーツ関連プロジェクトの割合が増加......

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2020年1月22日 ]

【第403回】 食品流通の新形態「前置倉庫」とは??
中国でスーパーの「店舗」はもう不要??
「前置倉庫」とは何かご存知でしょうか?昨年の叮咚人気とともに、中国の小売流通業界やメディアで何度も取り上げられている前置倉庫。大体200~300平米の小規模で簡易な生鮮品倉庫で、なるべく消費者の“近く(前)に置いた”倉庫という意味合いでしょうか。マンションや雑居ビルの1階に入居し、必ずしも道路に面しているわけではありません。......

 


 

トレンドウオッチ [ 2020年1月21日 ]

中国ウィンタースポーツ市場&産業の発展状況 (8)
注目が高まるアイスホッケー
注目が高まるアイスホッケー

アイスホッケーは、冬季オリンピックで最も人気の高い団体競技の一つだ。勝敗を賭けた緊張感のある試合運びに多くの観戦者が熱中し、高い視聴率を誇る。
2022年の冬季オリンピック誘致が成功した後、中国アイスホッケーも急発展をはじめた。子供にアイスホッケーを習わせたいと考

 


 

トレンドウオッチ [ 2020年1月20日 ]

中国ウィンタースポーツ市場&産業の発展状況 (7)
商業施設で集客力を発揮 アイススケートリンク
著名調査機関IDGが華騰氷雪産業機構と共同で公表した「中国氷雪産業発展研究報告(2018)」の統計によると、2018年の中国国内のアイススケート場の数は334件で、17年の259件に比べ29%増加。なかでも多くが華東、華北地区に集中しているという......

 


 

トレンドウオッチ [ 2020年1月17日 ]

中国ウィンタースポーツ市場&産業の発展状況 (6)
成長するスキー用品市場 スノーボードの売上1.5万枚超
中国スキー協会及び中商産業研究院の統計によると、2017年の中国スキー産業の市場規模は約136.5億元。 うち、スキーウェアが約23.7億元、スキー板などのギアが約14.3億元、スキー場収入は96.8億元となっている。全体規模はここ数年20%以上の伸びを保っている......

 


 

トレンドウオッチ [ 2020年1月16日 ]

中国ウィンタースポーツ市場&産業の発展状況 (5)
高価格のスキー関連消費
2015年に北京・張家口(河北省)が冬季オリンピック誘致に成功し、中国の冬季旅行市場の規模は前年比27%と大きな成長を遂げた 。これは中国の旅行業の平均成長率15%を大きく上回る数字だ。一人当たりの可処分所得も上昇を続けており、ウィンタースポーツ普及のための社会及び経済の基盤は徐々に整いつつある......

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2020年1月15日 ]

【第402回】 蘇寧とカルフールの相乗効果は??
スーパーは高齢者やコミュニティの憩いの場に??
生活だけでなく、仕事的にもネタ探しにスーパーを訪れる機会がめっきり減った昨今ですが、今回の視察で、個人的に特に注目していたのがカルフールです。業績低迷により、昨年6月に、家電量販大手の蘇寧(スニン)が中国事業を買収。その後、蘇寧がカルフールをどのように変えていこうとしているのか、興味津々でした......

 


 

トレンドウオッチ [ 2020年1月14日 ]

中国ウィンタースポーツ市場&産業の発展状況 (4)
屋内と乾地スキー場が発展
中国のスキー場の72%は北部に集中しているが、南部でもスキー場の数が増え続けている。特にハイテク技術を利用した屋内スキー場や、乾地(スノーマット)スキー場が人気を集めている。屋内スキー場はここ数年高い注目を集めている。2013年には中国全土で5件しかなかったが、18年には26件に増えた......

 


 

トレンドウオッチ [ 2020年1月13日 ]

中国ウィンタースポーツ市場&産業の発展状況 (3)
観光体験型スキー場が主流
スキー場のターゲット顧客は観光体験型、郊外学習型、スキーリゾート型の3つに大きく分類できる。中国のスキー場の75%は観光体験型。設備は比較的シンプルで、初級コースのみのところが多い。観光地や都市郊外に建設され、主に初心者を対象としている......

 


 

トレンドウオッチ [ 2020年1月10日 ]

中国ウィンタースポーツ市場&産業の発展状況 (2)
スキー人口2100万人突破 スキー場の数も約750ヶ所に
2019年に北京で開催された「アジア・太平洋雪上産業フォーラム」で公表された「中国スキー産業白書」の統計によると、2018年における中国のスキー人口は2113万人、前年の1847万人よりも14.4%増加した。屋内及び屋外スキー場の利用者は1950万人、乾地(スノーマット)スキー人口は85万人、室内のバーチャルスキー施設の利用者も58万人に達している......

 

    1 ページ 全 281 ページ (総数: 2803)